大進ホームスタッフの家づくり奮闘記(スタッフブログ)

HOME > 大進ホームスタッフの家づくり奮闘記

道中

こんにちは、リフォーム課の村上です。

北海道は心地よい最高の季節がはじまりますね。

今回は、お客様のご自宅への道中に見た景色をご紹介したいとおもいます。

まずはコチラ。

国道274号線を走っておりますと、大型クレーンに吊るされた大量の

鯉のぼりが現れます。

P5060012.JPG

力学と風習のコラボですね。

一方、コチラは坂本九さん思い出記念館近くの桜です。

P5060008.JPG

風情があります。

続いて、コチラ。

北海道の指定有形文化財。

焼き鳥で有名な美唄市にあります。

屯田兵屋です。

P5070007.JPG

120年以上も前の木造建築物です。

120年前に、屯田兵さん達が実際にこの住宅で暮らしていたかと思うと

ロマンを感じます。

寒さや熊と戦いながら、北海道を開拓してくれた屯田兵に感謝です。

しっかりとお手入れされている美唄市の皆様にも感謝です。

最後は、単純にキレイとおもいまして車をとめてパチリ。

P5130018.JPG

まだらにならず、均一に咲いているのは自然の力?農家さんの力?

この時期の畑や田はまるでキャンバスですね。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
子供の成長を一番に家族想いの家づくり
大進ホームHP → http://www.taishinhome.com/

サイエンスホーム札幌東店 お披露目 4/29より!!

  
こんにちは!
 
新築営業部の藤原です。
 
すっかり春のお天気ですね。
 
季節の変わり目ですので、風邪などひかれない様、お大事にされてください。
 
今日はお知らせも兼ねて、ブログを書かせていただきます。
 
 

{サイエンスホーム札幌東店 お披露目 4/29より!!}

 
 
弊社、大進ホームは、静岡に本社がありますサイエンスホームと事業提携いたしまして、
 
新たにサイエンスホームの家づくりをさせていただくこととなりました。
 
なお、既存の進化の家シリーズも、継続しておりますので、よろしくお願いいたします。
 
サイエンスホームってどんな家? と思いますよね。
 
お家の中は、こんな↓雰囲気です。
 
  

 IMG_3121.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
特徴は、
 
1.無垢材をふんだんに使った家であることと、
 
2.真壁(しんかべ)と言いますが、柱や梁(はり)が見えてくる工法、
 
3.外張り断熱で、高気密・高断熱な家であります。
 
  
サイエンスホームのお家は、理論というよりも、
 
お客様がご覧になって、「好きか・嫌いか」という、とってもシンプルな世界。
 
木のぬくもりや、自然な感じがお好きな方にとっては、
 
ずっと居たくなるような空間です。
 
ちょっと見てみたいなぁ...
 
と思われた方は、ぜひ、ご来場ください!!
 

 

 
グランドオープン期間
 
4月29日の土曜日(祝日)から5月7日の日曜日。 

公開時間はAM10:00~PM17:00 

モデルハウスの住所:札幌市東区伏古11条2丁目7
 
※新道沿いに面した、三角屋根の建物です。
 
詳しいお問合せ先はこちらです。
 
電話 011-798-0228
 
※毎週水曜日が定休日

 

 
 
ご来場のお客様には、ささやかですが、記念品を進呈しております。
 
ご家族お揃いでのご来場を心からお待ちしております!!

 

サイエンスホームHPはこちら

 

札幌東店のFBはこちら

 

札幌東店のツイッターはこちら

サイエンスホーム札幌東
藤原

                

子供の成長を一番に家族想いの家づくり
大進ホームHP → http://www.taishinhome.com/
 

地盤と改良工事のお話...。

こんにちは。
積算課の若松です。
 
当社の営業とお客様の間で下記のような話が以前に有りまして。ずっと気になっていたので今回は地盤改良のお話をわかりやすく、してみたいと思います。
 
どんな話かといいますと。
お客様「硬い岩盤まで杭を打って住宅を支えるのは理解できる。でも岩盤まで打たずに途中までコンクリートの改良体を作って住宅を支えるという理屈がどうもわからない」
 
当時担当の営業マンは私に上記の説明を聞いてきましたが、"わかりやすい"説明をすることはできませんでした。土圧...地耐力...N値...摩擦力...小難しいキーワードが並びます。
 
結果、お客様は金額が高くなることを理解しながらも、安心を求めて小口径RC杭工事を選択。ながーい杭を住宅の下に打ったのでした。
 
その選択でお客様が納得の上安心されるのならばいいのですが、建築のプロとしてわかりやすい説明ができなかったことに悔しさが有り、ここで書いてみたいと思います。
 
主な地盤改良の方法として、出来上がっている杭を地面に穴を空けて沈めていく方法(小口径RC(鋼管)杭工事)と、地面の土砂と一緒にコンクリートを混ぜて杭を作り出す方法(柱状改良工事)と言うものが有ります。他にも表層改良などがありますが、当社は先にご紹介した2つを主な地盤改良の方法として採用しています。
この柱状改良という方法、支持層と言われる硬いところまで深くは杭を作らないのです。中間層というある程度支持力を得られるところまで、なのです。
もちろんそれには科学的な根拠があるわけですが、イメージ的に、先のお客様は納得することができなかった、ということになります。
 
イメージしやすくするために、例えとして住宅は「船」として考えてみてください。
すると、地面は海です。
海は水ですね。水は何で出来ているかというと、水分子の集まりです。
地面も、土砂の粒子の集まりなので、海として例えることができるかと思います。
(土砂の粒子どうしの摩擦力が圧倒的に水分子よりも上だとかそういう細かい話はとりあえず横に置いておいてください(笑)
 
さて、住宅はコンクリートや鉄、プラスチック、ガラス、木材...etc、いろんなものの集合体です。
どれくらいの重さなんだろう?とか思うことはありますか?
実際、住宅だけで130t~180tは普通にあります。
 
重たいですね!
でも何千トン、何万トンという重さのタンカーが海に浮いていたりもするわけで...。
 
船と住宅の違いは何かというと、船の底は完全に水を通さないように出来ていますが、住宅の基礎は穴が空いている、という感じでしょうか。
一般的な住宅の基礎はTの字を逆さにしたような形で土に埋められています。
基礎_01.jpg
この矢印のところが地面と接しているわけですが(赤い矢印が底になります)、建物の壁に合わせて太い線のように作られています。この線のところ以外はどうなっているか。もちろんそのまま地面なわけです。(湿気が上がってこないようにフィルムを敷いたりと処理はしますが。また、そこにコンクリートを流して全面を土間コンクリートにしてしまうメーカーさんもあったりします)
 
ということは、住宅の基礎というのは穴の空いた船の底、という例えが出来ます。
 
じゃあ沈まないようにどうするのか?
ここで地盤改良の出番となるわけです。
 
最初の小口径RC杭工事。
これは船の底に柱を立てて、海の底まで柱を伸ばしていく、というイメージでしょうか。
海の底の地面が住宅を支えてくれる、というイメージです。
 
そしてもう一つの柱状改良。
これは、船の底に浮き輪をたくさんつける、というイメージが近いでしょうかね。
浮き輪と言っても、そのもの自体はコンクリートで出来ていますから割れて空気が漏れたりすることはありませんのでご安心を(笑)
 
どうでしょう?
イメージできましたでしょうか?
どちらも科学的根拠のあるきちんとした工法ですので、土地とコストに見合った適切な工法を選択して、安心快適な住まいづくりをしていきましょう!
 
追伸:最近では液状化に関しても、地盤改良工事の中で検討していかなければならなくなってきているようです。ご不明な点がありましたら、当社の技術部門に詳しい社員がおりますので、お気軽にお問い合わせください。

チームプレイ

こんにちは。
代表の星野です。

1月24日-25日にかけて、当社としては17年ぶりに社員旅行をさせて頂いました。
お互いのことをさらに良く知る機会となり、コミュニケーションがより円滑になればと
今回企画させて頂きました。
行先は登別温泉だったのですが、皆一緒に食事や温泉を楽しみ、
部屋ではトランプをしたり麻雀をしたりと、
皆楽しんでくれたようでした。

  

1487485581238.jpg

※チェックアウト後、皆で記念撮影。寝不足で顔色悪い人も?

  

また、2月14-15日は定山渓にて協力会社との総会を執り行いました。
会議の後は、温泉を楽しみつつ、大広間で飲み食いし、
改めて親交を深めることが出来ました。

20170214_180248.jpg

※宴会直前。みんな浴衣でリラックスモードです。

  

家づくりには多くの人が携わります。
仕事をともに行う上で、プロとしての技量・意識はもちろんですが、お互いの信頼関係が大事になってきます。
これからも色々な場面で信頼関係が深まるような取組みをしつつ、
お互いが切磋琢磨し、お客様により喜んで頂けるような家づくりを仲間とともに目指してまいりたいと思います。

話変わって、、、
本日2月19日は、LIXILショールームにてリフォーム冬の大感謝祭を開催しております。
オープンすぐ後に視察してきたのですが、朝から多くのお客様にご来場頂いておりました。
LIXILショールームでは、新商品の展示も始まっており、その他のお客様でも賑わっておりました。
20170219_113442.jpg 20170219_113531.jpg 20170219_113717.jpg
※新商品が目白押し。やっぱりショールームはわくわくします!
       
今後もお客様のより良い暮らしのために、色々とご提案させて頂きたいと考えておりますので、
是非ご期待頂ければと思います。 

  

                  

子供の成長を一番に家族想いの家づくり
大進ホームHP → http://www.taishinhome.com/

サイエンスホーム札幌東、始まります。

こんにちは。
代表の星野です。
  
正月も終わり、気が付けばもう1月中旬。
日に日に時間が経つのが早くなっていく気がします。
この調子ですと、あっという間に年末となってしまいそうです。
今年は30代最後の一年ですので、40代の飛躍に向けて、有意義な一年にしたいと思います。
   
先日、静岡は浜松市で行われたサイエンスホームの定例会に出席をしてきましたので、
ご紹介も兼ねてご報告をさせて頂きます。

   

20170117_141831.jpg

※定例会の様子。全国130社300名が出席。

 

サイエンスホームとは、真壁工法を最大の魅力とした家づくりを行っているグループで、当社として新たに取り組むことになりました。
真壁工法というのは、昔ながらの日本の伝統的な家づくりで、柱や梁があらわになるのが最大の特徴です。

   

といっても、イメージが付きにくいと思いますので、お写真をご紹介。

  

娘と料理.jpg 

風が流れる.jpg 

個人的には、どこか懐かしい、古民家風のデザインがとても気に入っています。
また、不思議なことに洋風の照明や家具を合わせても、とても落ち着いた雰囲気になります。
"懐かしくて、新しい"。そんな家です。

先日の定例会では、新商品のオリジナル建具"京ドア""濱ドア"の発表もありました。

20170117_132935.jpg

この建具は、ガラス部分に京都の友禅染が入っているんです。
(写真では分かりにくいかもしれませんが、本物の布が入ってます。)
とても斬新ですが、サイエンスホームの雰囲気にはぴったりでした。

 

現在、当社では新道沿いにサイエンスホームのモデルハウスを建築しております。
早ければ3月中旬にはお披露目できる予定です。
見所満載のとても素敵なモデルハウスになると思いますので、乞うご期待ください。

                  

子供の成長を一番に家族想いの家づくり
大進ホームHP → http://www.taishinhome.com/
   

住宅ローン減税ってなぁに?

こんにちは、新築担当の村上です。

降りましたね、雪。

いっきにドカっと。

しばらく雪の降らない地域におりましたので

正直

雪が降るとテンションあがります。

雪かきは大変ですし、移動も大変になりますが

なんと言ってもロマンチックです。

最高です、北海道。

さて、今回の家づくり奮闘記は

住宅ローン減税について書きたいと思います。

正式名称は、住宅借入金等特別控除。

漢字ばかりで難しそうですね。

住宅ローンを借りると

借りた年から毎年10年間

所得税が戻ってきます。

住民税が戻ってきます。

ただし、3つの上限がございます。

①1回につき40万円(10年間で400万円)

②年末の住宅ローン残高の1%

 例えば・・・ 年末の住宅ローン残高が2,827万円なら 28.27万円

 そうです、40万円戻ってくるということは相当な額を借りているということなんです。

③ご自身が納めた所得税と、住民税(上限:136,500円)を足した金額

 所得税が②に満たない場合は、住民税が自動的に減額されます。

いずれかのうち、一番額の少ない金額が戻ってきます。

コレがポイントです。

あくまで、納めた税金が戻るということです。

10年間は固定資産税・都市計画税にあてることもできますね。

どうやったら減税されるのか?

2年目以降は会社の年末調整で処理してもらえます。

最初の年だけ、ご自身で確定申告(還付申告)に行ってください。

税務署に行き、家を建てたので所得税を返して!という手続きをするということです。

ここでポイントなのは、自営業など一般的な確定申告は2月15日から受付がはじまり

税務署はものすごく混み合います。

住宅ローン減税の確定申告(還付申告)は、書類さえ揃っていれば

年明け、税務署の仕事始めの日から手続きができます。

いつまでか?

3月15日を過ぎてしまうと、その年の住民税が控除されずに損します。

家を建てたら、はじめての1月4日 ~ 2月15日までのあいだに税務署に行って

還付申請をしましょう!!

ひとだかりがお好きなかたは2月16日~3月15日まででも大丈夫です。

 

それでは、本年も当ブログをお読み頂きまして誠にありがとうございました。

年内の更新は本日で最後となります。

大進ホームの年末年始のお休みは、12月28日~1月5日までとなっております。

来年もスタッフ一同、皆様の家づくりの参考になる内容になるようなブログを目指します!!

2017年も、皆様にたくさんの福が舞いこみますように!

最後に本文と関係ない写真ですが。

ユーザー様が描いてくれました私の似顔絵です。

山浦様絵.jpg