> 地震に強い家

HOME > 地震に強い家

家族を守る安心で強い家

世界で起こる巨大地震の5回に1回は、日本で発生しています。
特に近年、地震が多発し家づくりにおいて地震対策は重要な課題となっています。
大進ホームでは、大災害から大切な人命を守るために住まいができることは、何よりもまず建物の耐震性能を高めることだと考えています。
その理念に基づき、今日まで一切の妥協を許さず、すべての家造りにおいて頑強な構造体をご提供し続けております。
さらにその理念をより確かなものとし、何よりも大切な家族を守る家を実現するために、災害時の拠点となる消防署や警察署、病院と同等レベルの耐震性を備えた『耐震等級3』に該当する性能をオプションとしてご用意しています。

耐震等級の説明

「耐震等級3」は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性

壁を強くする

耐震性を高めるためには、筋かい等の耐力壁の量の確保が最も大切です。
耐震等級1の壁量係数よりも割り増した係数を採用し、バランスも考慮した上で地震力に対して必要となる耐力壁量を採用します。

床と屋根を強くする

耐震設計上、床や屋根の強さは壁を強くするのと同様に重要です。
耐震等級3では、床に必要な強度を構造計算して求め、バランスの良い床面構成とするほか、火打ち梁の量を増やし、床を補強します。

柱と梁の強固な結合

壁、床、屋根の強さを発揮するためには、これらが取り付く柱、梁の結合部を金物で補強することが大切です。
信頼性の高い金物で接合し、接合部と構造全体の安定強化を実現します。

基礎を強くする

基礎は、建物にかかる力を地盤に伝える重要な部位です。
耐震等級3では、建物の荷重やその重さに反発する地盤反力、部屋の大きさ、柱の位置などに応じて必要となる鉄筋の太さ、間隔の十分な補強を行います。

梁を強くする

梁には、人や家具、さらには屋根に積もる雪などの荷重がかかります。
耐震等級3では、梁1本ごとにかかる荷重を考慮した構造計算で梁の大きさを決定します。

資料請求
モデルハウス来場予約